低金利のキャッシング

キャッシングを始めるとき、お金を借りるのならできるだけ低金利でお金を借りたいと誰もが思うことで、低金利でお金を借りるとすればやはり銀行カードローンを利用したいものです。

 

銀行でお金を借りるとき、住宅ローンやマイカーローンのような目的ローンは、担保や保証人を付けるのでかなりの低金利でお金が借りられますが、商品の中にはカードローンといった小口融資に特化したローンがあります。

 

カードローンは一度契約をすると融資限度額内で何度でもお金が借りられるという特徴があり、無担保でお金を貸すので目的ローンのような低金利ではありませんが、おなじキャッシングには消費者金融のキャッシングがありますが、消費者金融と比べると低金利でお金を借りることができ、最近は銀行カードローンに力を入れている銀行も増え、それぞれの銀行で金利が違うので、ホームぺージなどから金利比較をしてみるのも賢い借り方といえます。

 

金利の比較をするとき、たとえば住信SBIネット銀行のカードローンは下限金利が1.99%、上限金利は7.99%とかなり低い金利で、オリックス銀行カードローンは下限金利3.0%、上限金利17.8%となっていますが、初回利用時や日常生活で一時的に借りる程度のお金は上限金利が適用されるので、両者を比較した場合7.99%と17.8%とを比べることになり、その差は約10%になります。

 

ただし、金利が低くなればなるほど審査がきびしくなるのでそれなりの属性がなければ低金利でお金を借りることは難しいと言えます。

カードローンの金利比較

キャッシングを利用するときにやはり気になるのが金利で、金利はできるだけ低く抑えられればその分返済負担が減るので、どのキャッシング会社にするかを選ぶときに比較するのはまず金利だと思います。

 

おなじお金を借りるのであればできるだけ低金利で、と考えるのは誰しも同じだと思いますが、日常生活しているなかで一時的に借入をし、短期で返すつもりで利用するのであれば、さほど大きな金利の差は感じませんので、その日に借りたいというような即日融資は、多少金利は高くなりますが審査の通りやすい消費者金融を選ぶのもよいかと思います。

 

金利には下限金利と上限金利があり、たとえば消費者金融の金利を見てみると4.7%〜18.0%に近い金利がほとんどで、この4.7%を下限金利と呼び、18.0%を上限金利と呼びます。
金利は借入金額によって変わってきますが、初回申込時や日常生活で一時的に借りる程度のお金のときは上限金利が適用されるので、この場合消費者金融でお金を借りると18.0%の金利が適用され、銀行カードローンの「バンクイック」なら上限金利14.6%で比較することになりますが、一般的に低金利でお金を借りたいときは銀行カードローンの方が金利設定は低くなっています。

 

ただ、金利は低くなるほど審査がきびしくなり、ある程度の属性がなければ低金利でお金を借りることができませんので、申込をするまえに「借入診断」などを利用して融資が可能なところを調べてみるのもひとつの方法です。